外周りのリフォーム

外壁リフォームのイメージ
   

外壁リフォームで住まいを長持ちさせよう

外壁は雨風などから住宅を守るための安全性のための役割と、住宅の外観デザインを担う顔としての役割を持っています。
常に風雨にさらされているので劣化しやすいですから、早めのメンテナンスをしていただきたいところです。

ここでは住まいの寿命を延ばす外壁リフォームについて解説します。

外壁仕上げの種類は?

外壁の種類は大きく分けて塗り材による塗装かサイディングの貼り付けになりますのでそれぞれの特徴を紹介します。

塗材塗装による外壁の特徴

塗材仕上げの外壁イメージ塗材による外壁は住宅の外壁に塗材を単層か複層に塗り、表面に凹凸の模様などを作り上げて仕上げる方法です。

 

 

 

サイディング貼り付けによる外壁の特徴

サイディング仕上げの外壁イメージサイディングとは工場生産によってあらかじめ板状に作られた建材です。
サイデイングの材料はセメント、金属、セラミック、樹脂などがありますが、住宅リフォームで使われるのはセメント系か金属系のサイディングがほとんどです。
一般的にサイディングとはセメント系のサイディングをいい、金属系はガルバリウムと呼ばれています。

 

それぞれの外壁仕上げのメリット・デメリット

耐水性や耐候性に優れますが、耐火性、断熱性にやや劣ります。
塗材による外壁の最大の利点はデザイン性の自由度の高さです。

セメント系のサイディングで外壁を仕上げる場合、耐水性や耐火性、耐候性に秀でている上に若干の断熱性にも期待できます。
一方でデザイン性は塗材での仕上げに比べると自然な風合いや自由度には期待できません。

ガルバリウムはのように耐水性や耐火性、耐候性には期待できますが、断熱性にはあまり優れません。
その一方でセメント系のサイディングよりもシンプルで落ち着いた外観のためデザイン性も高く、近年人気になっています。

これらの特徴を一覧にまとめると以下のようになります。

仕上げ 耐水性 耐火性 耐候性 断熱性 デザイン性
塗材塗装仕上げ
サイディング
ガルバリウム

外壁リフォームの種類や費用はどのくらい?

外壁リフォームの方法は大きく分けて、塗り替え、重ね張り、張り替えの3種類あり、外壁の劣化状況によって適切な方法を選んで施工します。
それぞれの方法について、どのような場合に適切か、費用の目安などをまとめました。

どんな場合に適しているか 廃材の有無 選べる建材 費用の目安
塗り替え 雨漏りなど、外壁下地の劣化による問題がない場合 出ない 既存のまま変更しない 60万円~
重ね張り 雨漏りなどの外壁下地の劣化による問題がない場合 出ない 軽量なサイディング 150万円~
張り替え 外壁下地の劣化して雨漏りなどの問題がある場合 出る 好みの建材が選べる 200万円~

一覧のとおり、一番手軽なのが塗り替えで、次に手軽なのが重ね張りです。
張り替えは剥がした以前の建材などの廃棄処理や下地工事が必要なので費用が最も高くなります。
その代わり、下地から新しくなる分、筋交いの状況をチェックして追加するなどの住まいの耐久性においても良い面があります。

外壁リフォームに適した依頼先は?

外壁リフォームはリフォーム工事としては難易度も高くないため対応可能な業者は多いですが、一般的には以下のようなリフォーム会社に依頼するのが良いでしょう。

工事内容 適した依頼先
塗材による塗装工事 塗装専門店、リフォームショップ、工務店など
サイディング(セメント系・金属系) 屋根・外壁工事専門店、板金工事店、工務店など

工事内容が軽くなる分、業者選びは簡易なものになりますが、その分業者の質は様々になりますので、ストレス無く業者を探すなら、リフォーム一括見積のサイトや、外壁塗装リフォーム専門の一括見積サイトなどで業者を紹介してもらうのが手軽でおすすめです。

関連記事

  1. 屋根のリフォーム

    屋根のリフォーム

  2. リフォームでウッドデッキを設置する

    ウッドデッキで建物と庭を結んで暮らしを外に広げてみよう

PAGE TOP