リフォーム基礎知識

リフォームが必要になる理由とは?
   

リフォームが必要になる理由は?

リフォームをしようと思うときの理由を大きく分けると、人的な要因と、物理的な要因に分けることができます。
ここではリフォームが必要となる、「住宅を変化させる主な要因」を紹介しますので、ご自身のリフォーム計画の参考にしていただければと思います。

建物の老朽化や設備の劣化対策としてのリフォーム

リフォームしたい理由の中でも最も高い割合で発生するのが、建物自体の老朽化や設備の劣化を感じた際の補強、修繕や交換でしょう。
住宅自体の老朽化や劣化は、床や壁、天井はもちろん外からみた外壁や屋根や基礎のなど、肉眼でも簡単に見分けることができます。

設備に関してもトイレや浴室、キッチンなどの老朽化や劣化を見分けるのは素人でも容易です。

設備を新しくするリフォームイメージ

これらの老朽化・劣化対策は比較的工事内容も簡単で、汎用性もある内容です。
多くの業者で問題なくこなすことができますので、できる限り要望は細かく決めておき、正確に依頼先の業者へ伝えると満足いくリフォームをすることができるでしょう。
依頼する側としても業者の選定も簡単ですので、リフォーム一括見積サイトでも最も取り扱いが多く、成功事例の多い工事内容となっています。

家族のライフステージ変化へ対応するためのリフォーム

住宅は家族が生活していくなかでの土台となるものです。
家族構成が変わったり、子どもが成長したりなどのライフステージ変化によって必要な部屋数が増えますし、逆に子どもたちが成長して独立したり、別の世帯を持つ事になって、今までの住居から離れる事になれば必要な部屋数が減るので、不要な部屋を工事して広いリビングに変更することも考えられます。

家族のライフステージ変化のイメージ

また、最近では高齢になった親の世帯と子どもの世帯が共に生活していくための二世帯住宅へのリフォームも増加しています。

この家族構成やライフステージ変化によるリフォームは、単純な老朽化対策などと異なり、かなり大掛かりな工事になります。
その分、事前の設計や計画も複雑になりますし、二世帯住宅にするような場合はキッチンや浴室、トイレなどの生活基盤に欠かせない設備の増設の必要性もでてきます。
費用などによってはリフォームではなく、建替えのほうがよいケースもありますので、その分業者の選定も難しくなります。

高齢者対応のためのリフォーム

昨今の日本は高齢化社会へ向かっていますが、住宅事情もそれに合わせて変化する必要があります。
高齢者が安全に生活できるよう、身体的な変化に合わせた、バリアフリー化や、住宅介護に合わせた間取り変更などのリフォームが必要となります。

このバリアフリーリフォームがどのようなものかという定義は以下のとおりです。

  • 廊下や階段への手すりの設置
  • ドアを引き戸に変更する
  • 段差をなくす
  • 高低差を消せない場合は勾配のゆるいスロープにする

これらのリフォームは比較的簡単なものが多く、昨今の日本が高齢化社会へ向かっていることもあり、需要の多い工事であるため、業者の選定も比較的容易です。
高齢者対応のリフォームについて

一方、高齢者対応のリフォームでも難易度が高いのが要支援・介護状態になった高齢者が自宅で生活できるようにするために行うリフォームです。
具体的には他の人(家族やヘルパー)がサポートしやすいように浴室やトイレなどを広くしたり、介護用のユニットバスやトイレに変更するといった事になります。

これらの住宅介護が可能となるためには、広い浴室やトイレを設置するために空間にも余裕が必要ですので、設計が難しくなります。
従ってその分工事の規模も大きくなるため、やはり業者の選定も難しくなります。

快適化・安全化のためリフォーム

今住んでいる住宅をより快適に、安全なものとするのもリフォームの大きな理由となります。
住宅を快適にするリフォームは高性能な断熱材や断熱仕様の窓、ドアを設置するなどして、住宅内部と外部の熱移動をなくす事で、夏季や冬季を問わずに快適な、「夏は涼しく冬は暖かい家」にすることです。

また、住宅を安全にするためのリフォームは地震への安全性を高める事です。
過去の耐震基準で建てられた住宅を現行の耐震基準に向上させる工事になります。

耐震リフォームのイメージ

これら快適にするためのリフォームと安全なものにするリフォームはどちらもその理論が難しいものです。
断熱リフォームには伝熱工学の理論が必要で、耐震リフォームにおいては構造力学の理論が基礎理論としてベースになっています。

これらの理論を熟知している業者を選ぶ必要があることから、快適化・安全化リフォームの業者選びは非常に難しく、慎重に行う必要があります。

エネルギー利用の効率化対策としてのリフォーム

エネルギー関連のリフォームには、太陽光発電システムやガス式コージェンエレーションシステムの設置やキッチンなどのオール電化などがあります。
自分の住宅の現状に対して様々な設備機器の中から適切なものを選択する必要があるため、実際に工事を依頼する前にショールームなどで実際の設備を直に見ることをおすすめします。

エネルギー利用のためのリフォームイメージ

業者選定のコツとしては建築工事というよりも、どちらかというと電気工事や設備工事に該当する工事になるため、電気工事店や設備工事店としての側面も持つ業者に依頼するのがいいでしょう。
また、日本のエネルギー利用効率化促進の政策などによって、現在はエネルギー関連のリフォームには補助金や減税などの優遇措置がとられていますので、そういった制度も念頭において計画を立てるようにしましょう。

関連記事

  1. リフォーム計画のイメージ

    リフォームの手順と建築基準法による制限・実現難易度について

  2. リフォーム見積書のイメージ

    リフォーム見積の取り方と見積書の確認ポイント

  3. リフォーム業者選びのイメージ

    リフォームを依頼する会社選びのポイント

  4. リフォーム工事におけるトラブルや紛争のイメージ

    リフォーム会社とのトラブルや紛争にはどのようなものがあるの?

  5. リフォームにかかる費用のイメージ

    リフォームにかかる費用

  6. リフォーム業者との折衝方法イメージ

    リフォーム会社との折衝方法を知ってトラブルを回避しよう

PAGE TOP