内周りのリフォーム

断熱リフォーム
   

断熱リフォームで快適で省エネな暮らしを実現しよう

古い木造一戸建てにお住まいで、冬場の寒さに悩んでいる方、夏は外気の猛烈な暑さが影響して冷房が効きにくいといった悩みのある方は、断熱リフォームがおすすめです。
断熱リフォームで快適、省エネな住まいにしてみてはいかがでしょうか。

断熱をした住まいは快適なだけじゃない!住人の健康を守ることにもつながります!

住まいを断熱すると、寒い冬は冷たい外気の影響を受けにくくなり、暖かい屋内の空気を逃がさないようになります。
また、暑い夏は外の熱気を通さずに冷房も効きやすい、涼しい屋内環境を維持できます。
暖房も冷房も断熱していない住まいに比べて非常に効果が高まりますので、省エネで経済的な住まいになります。

断熱リフォームをしないとヒートショックの恐れがあるそしてしっかり断熱した住まいは家族の健康も守ることにつながります。
部屋と廊下で大きく温度が異なったりしないので、ヒートショック現象が起きにくくなるのです。

ヒートショックは、急激な温度差で起きる身体のショック現象で、 時には失神、最悪の場合は心筋梗塞・脳梗塞などになります。
暖かい部屋から急に寒い廊下に出たり、お風呂の脱衣所で衣服を脱いだときに突然倒れたりする事故はヒートショックが原因のことが多いのです。

住まいの断熱性を高めるには?

断熱リフォームのイメージ住まいの断熱性を確保するのに必要なことは、断熱材で魔法瓶のように住宅を包み込むことです。
外気に触れる床や壁、天井に断熱材を隙間がないように入れることと、窓や玄関、ドアなどの開口部も断熱仕様にすることです。

工事が雑だと断熱効果も激減してしまうので、技術力が高く、丁寧に工事してくれるリフォーム会社に依頼したいところです。

断熱材には袋に入ったグラスウールなどを取り付けるタイプと、ウレタンなどの発泡素材を吹き付けるタイプがあります。

窓やサッシを断熱仕様にするには?

断熱仕様になっていない窓などの開口部は冬場は熱が逃げてしまい、夏は熱気が入ってきてしまう大きな原因になります。

窓を断熱するにはガラスとサッシの交換が必要です。
ガラスは複層ガラスに交換し、サッシは断熱サッシにしましょう。

複層ガラスとは文字通り一枚ガラスではなく、複数のガラスを層になるように重ねたものです。
ガラスとガラスを間に空気の入る隙間ができるように重ねて作られた通常のタイプと、特殊な金属膜が入ったことで、格段の断熱性をもつLow-E複層ガラスがありますが、熱の伝わりやすさを示す、熱貫流率(単位:W/㎡・K)は一般的な単板ガラスが6.0であるのに対し、複層ガラスは3.4、高断熱複層ガラスや遮熱複層ガラスは2.6と大きな差があります。

アルミサッシは通常のものは非常に断熱性が低いので、アルミの内側にプラスチックなどの樹脂片を挟んで熱が伝わりにくくなったタイプや外側はアルミでも中身は樹脂になっているタイプがあります。
窓ガラスとサッシをそれぞれ断熱仕様にすることで倍くらいの差がでますが、サッシの交換は外壁を一部切り取る必要も出てきますので、工事としては大掛かりなものになるでしょう。

一方簡単な方法もあります。
それは、樹脂サッシを使った内窓の設置です。
今ある窓の内側にもう一枚サッシを設けることで、既存のサッシと内窓の間に空気の層ができるので断熱性がアップしますし、結露の防止にもなります。

断熱リフォームの依頼先で適切なのは?

断熱リフォームの適切な依頼先は、その工事内容によって異なってきます。

単種の断熱材や断熱建具の設置といった、比較的簡単なリフォームの依頼できる会社は建築士事務所、住宅会社、建設会社、工務店、内装工事店といったようにリフォームに関連する会社なら幅広く請け負うことができます。
一方、熱の基礎理論から設計士、最適な居住空間を目指す、高レベルな断熱リフォームをするなら、建築士事務所や住宅会社、建設会社といったリフォームというよりも一から住まいを造ることに特化した会社でないと請け負う事ができません。

また、お住まいの地域により、必要な断熱のレベルも異なります。
当然ですが、寒い北海道と猛暑の東京では断熱の考え方も変わってきますので、地域に合った断熱レベルを提案してくれるリフォーム会社を探すようにしましょう。

関連記事

  1. クロス・壁紙の張り替えイメージ

    クロス張替えや漆喰・珪藻土の塗り替えで壁をリフォームしよう

  2. お風呂のリフォーム

    お風呂のリフォームで押さえておきたい5つのポイント

  3. 耐震リフォームのイメージ

    耐震リフォームで安心して暮らせる住まいにしよう

  4. トイレのリフォーム

    トイレのリフォームは応接間のつもりでおしゃれに

PAGE TOP