内周りのリフォーム

クロス・壁紙の張り替えイメージ
   

クロス張替えや漆喰・珪藻土の塗り替えで壁をリフォームしよう

クロス交換などの内装リフォームを行なう際には施工方法と使う材料を選択する必要があります。
施工方法によっては廃材が出てその処分のことも予算に含めるなど、意外と考えることが多く、リフォーム工事としては単純な部類ではありますが、それなりに知っておくべきこともあります。

壁の建材はクロスと漆喰や珪藻土などの塗り剤どちらがいいの?

壁のリフォームで大事なのはどんな素材で仕上げるかということですが、大きく分けてクロスか漆喰や珪藻土などの塗り剤での仕上げに分かれます。

最も安価で普及しているのがビニールクロスという建材ですが、一つ注意点があります。
それは日本には梅雨の季節があるので、通気性が問題となることが少なくないということです。
そのため、クロスで仕上げる場合は、透湿性のクロスを選ぶようにしましょう。

一方、漆喰や珪藻土での仕上げは自然素材には湿度の高い時期は水分を溜めておき、水分の少ない時期に水分を放出してくれる、調湿機能がありますので日本の気候や風土には最適といわれています。
値段はクロスよりも高くなりますが、壁のリフォームでは人気となっています。

安上がりに壁を綺麗にするならビニールクロス

壁の汚れた部分だけきれいにしたい場合などに、ビニールクロスの上からビニールクロスを張りたいと考えることもあるかと思いますが、ノリがつかずにきれいに仕上げることができないのでおすすめできません。
基本的には一度全てのビニールクロスをはがして下地のボードに新しいビニールクロスを張るのが普通です。

しかし、施工したい範囲が狭いので、なるべく安上がりに済ませたいということもあるでしょう。
そういった場合は、ビニールクロスの上からペイントするのがおすすめです。
これならDIYで自分でできることもあるので、費用が安く済みます。

ただし、ビニールクロスが破れたり、はがれてしまっているときは補修が必要なので、それなりに技術のあるリフォーム会社に依頼する必要があるでしょう。

クロス交換や漆喰塗り替えなどの内装リフォームを依頼するのに適した先は?

クロス張替えなどをはじめとした内装リフォームでおすすめの依頼先は以下のとおりになります。

  • 内装工事専門店
  • リフォームショップ
  • 工務店

リフォーム依頼先を探すときは上記を念頭にリフォーム一括見積もりサイトで紹介してもらうのが簡単に依頼先を絞り込む事ができるのでおすすめです。

関連記事

  1. キッチンのリフォーム

    キッチンのリフォームで押さえておきたいポイント

  2. 耐震リフォームのイメージ

    耐震リフォームで安心して暮らせる住まいにしよう

  3. お風呂のリフォーム

    お風呂のリフォームで押さえておきたい5つのポイント

  4. トイレのリフォーム

    トイレのリフォームは応接間のつもりでおしゃれに

  5. 断熱リフォーム

    断熱リフォームで快適で省エネな暮らしを実現しよう

PAGE TOP