内周りのリフォーム

キッチンのリフォーム
   

キッチンのリフォームで押さえておきたいポイント

水周りのリフォームの中でも人気なのがキッチンのリフォームです。
壁に囲まれたようなレイアウトで外とのコミュニケーションが取りにくいタイプだったキッチンをリビングにいる子どもの様子を見ながらだったり、家族と会話しながら料理がしたいなどの理由からリフォームをするケースが多くなっています。

ここではキッチンのリフォームをする際に押さえておきたいポイントを紹介していきますので参考にしていただければと思います。

まずはどんなキッチンにするのかスタイルを決めよう

キッチンにはオープンやセミオープン、独立型などのスタイルがあります。
現在ではリビングやダイニングにいる子ども様子を見たり、家族と会話しながら料理ができる「対面型」のキッチンが主流になっています。

対面型のキッチンには、リビングやダイニングの方向を向いて作業ができるペニンシュラタイプと、キッチンの両端が壁から離れており、人が行き来できるアイランドタイプがあります。

独立型の場合は壁で仕切られ、リビングやダイニングから独立したタイプのキッチンです。
視線が気にならない反面、家族とのコミュニケーションはとりづらくなります。
他には壁付け方という壁や窓につけて設置するタイプがあります。
こちらは作業スペースは広く取りやすいですが、会話のためには後ろに振り返る必要があります。

使いやすいキッチンのための広さや寸法

キッチンで作業をする上で、これだけあれば使いやすいという広さや寸法の目安があります。

例えば、キッチンの幅は2.4m以上あると使いやすいといわれており、キッチンと背面の食器棚の幅は90cm以上は確保したいところです。
冷蔵庫の位置についても検討が必要です。
開閉方法にもよりますが、ダイニングから近い側が、それともキッチンの一番奥かは検討する必要があります。

充分な広さや納得できる配置でないと、作業の効率も下がりますので、充分に検討するようにしましょう。

キッチンに必要な設備とあると便利な設備はこれ

キッチンの機能を十全に発揮するためには、これだけは必要という設備や器具があります。
ここではキッチンに必要な設備と、あると便利な設備をそれぞれ紹介します。

キッチンに必要な設備

キッチンに必須の設備や器具は以下のとおりです。

  • コンロ(IH/ガス)
  • レンジフード
  • 換気扇
  • 給湯リモコン
  • インターホン
  • 火災警報器

キッチンにあると便利な設備

キッチンに必須ではありませんが、あると便利な設備は以下のとおりです。

  • 専用コンセント
  • 足元暖房
  • 水の出止めのフットスイッチ
  • バーベキューグリル

手元の見易さも重要!キッチンの照明計画

キッチンは細かい作業もやりやすい明るさを確保する必要があります。
調味料などの計量をしたり、包丁を使ったりする場合に、薄暗いキッチンでは思わぬミスやケガをしてしまう場合があります。
そのため、キッチンの照明には、全体照明と作業部分の照明を設けるようにしましょう。
目安としては、広さが3~5畳のキッチンなら蛍光灯で40W、5~7畳の場合は80Wが目安です。

また、キッチンは電気をたくさん消費しますから、電力会社との回路契約についても確認しておく必要がありますので気をつけましょう。

料理に臭いや煙はつきもの!湿気や換気対策は万全に!

キッチンで料理をする上で気にしなければいけないことの一つとして、湿気や換気の対策があります。
料理をすれば必ず、臭いや煙が発生しますので、空気の循環に工夫が必要です。
例えば、採光と通風、換気を兼ねた小窓を設けたり、勝手口があると便利です。
給気口と排気口の位置もきちんと決めるようにしましょう。

快適作業のために仕上げの素材にもこだわろう

キッチンの仕上げ素材などはどのように考えて決めればよいのでしょうか。
キッチンは長時間たって作業することが多い場所であるということを念頭に素材を決めるのがおすすめです。
例えば、下半身が疲れないよう、弾力性のある床材として、クッションフロアやコルクを選んだり、油汚れなどに強い壁材としてハードなビニールクロスや、タイルにするなどです。

関連記事

  1. クロス・壁紙の張り替えイメージ

    クロス張替えや漆喰・珪藻土の塗り替えで壁をリフォームしよう

  2. お風呂のリフォーム

    お風呂のリフォームで押さえておきたい5つのポイント

  3. 耐震リフォームのイメージ

    耐震リフォームで安心して暮らせる住まいにしよう

  4. 断熱リフォーム

    断熱リフォームで快適で省エネな暮らしを実現しよう

  5. トイレのリフォーム

    トイレのリフォームは応接間のつもりでおしゃれに

PAGE TOP