リフォーム基礎知識

リフォームにかかる費用のイメージ
   

リフォームにかかる費用

リフォームの費用は、リフォームする内容や範囲、使用する材料費、そして施工費によって決まってきます。
ここではリフォームの費用の内訳にはどのようなものがあるか紹介します。
おおよその費用の目安を知ることで予算も立てやすくなりますので確認してみましょう。

リフォーム費用は工事の内容と施工範囲で大きく変わる

リフォームをするにしても家全体をリフォームする場合もあれば、水周りだけ、リビングだけというように部分的なリフォームだけする場合もありますが、その工事の範囲によって大幅にかかる費用が変わってきます。

例えばキッチンリフォームをするにしても、ただ単に設備を変更するだけで位置の変更がないならほとんど内装にかかる費用は発生しないため、リフォーム費用といっても機器と取り付けの費用程度で済みます。
しかし、キッチンのスタイルを変えるために壁側からダイニングやリビングとの対面になるように変更するとなると、内装も変更する大掛かりなリフォームになり、費用も大幅に増加します。

また、部屋のリフォームの際にさまざまな付加要素がある場合も費用が大幅にアップします。
例えば、内装だけの変更と収納や床暖房なども追加で設置する場合などですが、下記に費用の目安一覧を用意しましたので、おおよその費用のイメージをつかんでみましょう。

リフォーム項目 概要 費用の目安
キッチン 位置を変えずにキッチンの交換のみ 80~100万円
LDK キッチンの交換及びLDK30㎡程度の内装を一新する 250~300万円
浴室・洗面室 システムバスと洗面台を交換、内装の変更 150~200万円
トイレ 便器や便座の交換、内装の変更 50~80万円
床暖房 12畳のリビングに電気式床暖房を設置した場合 100~150万円
壁を塗り壁にする 6畳の部屋の壁や天井を珪藻土での仕上げに変更する 15~20万円
床の張り替え 6畳の部屋をカーペットからフローリングへ張り替える 10~15万円
壁紙の張り替え 6畳の部屋の壁や天井のビニールクロスを張り替える 5~6万円
壁面に収納設置 幅3.5mの天井まである収納を設置する 50~100万円
内窓設置 既存のサッシ1箇所の内側に内窓を設置(2枚) 7~10万円
和室から洋室へ 6畳の和室を洋室に変更し、収納も設置した場合 70~100万円
耐震補強 延べ床面積30坪程度の木造一戸建てに耐震補強を行った場合 130~150万円
外装 延べ床面積30坪程度の家の屋根、外壁の張り替え 100~150万円
マンションの全面リフォーム 60~70㎡のマンションで間取り変更も含めた全面リフォーム 600~800万円
一戸建ての全面リフォーム 延べ床面積の木造一戸建ての全面リフォーム 1000~1500万円

リフォームの工事費は材料費と施工費で決まる

リフォームの工事費は大きく分けると、材料費と施工費に分類できます。

材料費はキッチンやバスなどの設備機器やドアなどの建材にかかる費用で、グレードの高い材料を使えば高くなります。
施工費はつまるところ人件費のことで、施工する職人の方々に関する費用です。

例えば材料費ですが、同じシステムキッチンでもキャビネットの素材や天板が大理石なのかステンレスなのかなどの違いによって30~200万円も費用が変わります。
フローリングなら合板を基本材料にした複合フローリングとむく材のフローリングでは圧倒的にむく材のほうが高価です。

施工費に差が出るのはどのくらい手間や技術がかかるかということによります。
例えば同じ壁のリフォームでも、ビニールクロスの張替えと漆喰や珪藻土の塗り壁にするのでは、材料費が塗り壁材のほうが高いのはもちろん、塗るための手間や技術力が必要なので、人件費に大きな影響を与えます。

キッチンや浴室なども、既製品の施工費に比べて、オリジナルに造作すれば費用が高くなりますし、収納も家具工事が必要なのかで費用が大幅に変わります。

このようにリフォーム工事費は材料面のグレードと工事にかかる手間や人件費で大きく変わってきますので、予算の関係でコストを調整したいときは材料のグレードを落としたものに変更できないか、施工の手間を削減できないかを検討するのもいいでしょう。

リフォームには工事費以外にも費用がかかる

リフォームには工事費用以外にも色々な費用がかかります。
例えばリフォーム工事にともなって工事費以外に発生する費用などです。
この工事費以外の費用を考えていないと、思わぬ出費であわててしまう事になりかねませんのでどんな費用があるか把握しておきましょう。

家具やカーテンなどの購入費

リフォームすると家具やカーテンなども新調したくなります。
家具は造作した収納や造作が必要な照明器具を除き、カーテンやエアコンの交換などは工事費には含まれません。
以下に工事費に含まれないもの列挙しますので、インテリアショップなどで費用を調べておくと良いでしょう。

  • ソファ
  • テーブル
  • 収納棚・タンス
  • テレビ
  • テレビボード
  • ベッド
  • カーテン
  • ブラインド
  • エアコン
  • 冷蔵庫

その他の諸経費について

工事費以外の費用には諸経費と呼ばれるのもあります。
現金でリフォームするのか、ローンを組むのか、増築するのか、中古住宅を購入してリフォームするのかなどによって様々な諸経費がかかります。
それぞれのケースごとにかかる諸経費は以下のとおりです。

  • リフォーム工事の工事請負契約の印紙税
  • 中古住宅購入時の仲介手数料
  • 中古住宅購入時の不動産取得税
  • 増築時の設計監理費
  • 増築時の建築確認申請費用
  • 増築時の登記費用
  • 融資の際の手数料
  • 融資の際の登記費用
  • 融資の際の保証料
  • 融資の際の火災保険料
  • 仮住まいや引越し、トランクルーム費用

リフォームにかかる費用まとめ

いかがでしたでしょうか。
リフォームでかかる費用を決める要素はは大きく分けて以下のようになります。

  • 工事内容と施工範囲
  • 材料費と施工費により決まる工事費
  • インテリアなどの買換え費用
  • その他各種手続きによって生じる諸経費

リフォームの予算を考える際には上記を考慮して現金で費用を支払うのか、またはローンを利用するのかなど、ご自身に合った支払いプランを検討しましょう。

関連記事

  1. リフォーム見積書のイメージ

    リフォーム見積の取り方と見積書の確認ポイント

  2. リフォーム業者との折衝方法イメージ

    リフォーム会社との折衝方法を知ってトラブルを回避しよう

  3. リフォームが必要になる理由とは?

    リフォームが必要になる理由は?

  4. リフォーム業者選びのイメージ

    リフォームを依頼する会社選びのポイント

  5. リフォーム工事におけるトラブルや紛争のイメージ

    リフォーム会社とのトラブルや紛争にはどのようなものがあるの?

  6. リフォーム計画のイメージ

    リフォームの手順と建築基準法による制限・実現難易度について

PAGE TOP