リフォーム基礎知識

リフォーム見積書のイメージ
   

リフォーム見積の取り方と見積書の確認ポイント

リフォームを行うときに必ず行われるのが見積です。
見積内容はリフォーム工事を依頼する候補の会社に来てもらい、あらかじめ用意した要望と現場調査をすり合わせた結果で決まります。
見積と一口に言ってもどのようなことに気をつけたらよいのかなど、不安に思われることもあるかと思いますので一般的な見積の流れと見積の読み方を紹介します。
また、見積書が約束の日までに届くか、どのくらい記載内容がわかりやすいかなどその会社の誠実性を計る指標になりますので注目しておきましょう。

見積をとるためにリフォーム会社に現場調査に来てもらい要望を伝える

まずは比較検討するために一括見積サイトで紹介された複数のリフォーム会社に見積のための現場調査を依頼します。
現場調査を行うのはリフォーム予定の住宅の状態を調べることと、リフォームの要望を聞きながらリフォームプランを立てるためです。
そのプランを実現するのに費用がどのくらいかかるのかを示すのが見積です。

それでは現場調査の流れを見ていきましょう。

① 現場調査日の日程を調整する

リフォーム会社の候補となった複数の会社に見積を依頼しますので、最初にやる事は現場調査の日程調整です。
工事の規模にもよりますが、基本的に現場調査には1社で2時間以上はかかると思っておきましょう。
同日に依頼する場合は余裕を持って時間をずらすようにします。
また、部屋を片付けておくなど、調査しやすい環境を整えておきましょう。

② 現場調査の前後にリフォームの要望を伝えておく

現場調査の前後にリフォーム条件の要望を伝えます。
スムーズに意思を伝えられるようにあらかじめメモを用意しておきます。
どのようなことをリフォーム会社に伝えるかの例については下記をご覧ください。

  • リフォームの工事範囲
  • リフォーム内容についての要望
  • リフォーム時期
  • リフォームの予算

③ 現場調査で行われることと用意しておくと良いもの

現場調査で行われることは、リフォーム現場の採寸や写真の撮影、構造内部調査とリフォームに関する要望のヒアリングなどです。
要望のヒアリングについては前述のリフォーム会社に伝えたいことのメモを用意しておけば問題ありません。
他に用意しておくと良いと思われるものは以下のとおりです。

  • 家の図面のコピー(あればでOK)
  • 築年数や過去のリフォーム履歴がわかる資料
  • リフォームのイメージを伝えるための写真やイラストなど

現場調査の流れは以上です。
なお、リフォーム会社に伝えることは候補の会社全てに同じ内容を伝えるようにします。
これは、同じ条件を伝えておくことで後で比較検討がしやすくなるからです。
詳しい依頼方法はこちらの「リフォーム会社との折衝方法の「同一かつ明確な見積算出条件」」をご確認ください。

見積書の読み方と確認ポイント

現場調査が完了すると、依頼者の要望や予算と実際のリフォーム工事かかる費用に基づいた見積書が提出されます。
見積書を見るときにどのようなところに気をつけたらよいかを説明していきます。

見積書に記載されている各項目の意味

まずは見積書の各項目について確認します。
見積書の体裁は会社によって異なりますが、概ね書いてあることは同じです。
下記で見積に書かれる項目とチェックすべき内容を記載しますのでご覧ください。

見積書の項目 項目の意味
名称 どの場所のどんな工事かわかる項目。例:板の間、壁、床など。
規格 使用する材料の大きさや厚さなどが記載される項目。設備のメーカー名や品番が書かれている事もある。
数量 材料や設備をどのくらい使用するかを記載した項目。壁紙なら面積や板材なら枚数などが記載される。
単位 使用する材料の計算方法を記載している。例:畳、枚、㎡など。
単価 1単位ごとの価格が記載されている。
金額 各工事にかかる合計金額が記載される。
備考 オプションやメーカー名などの備考が記載される。

見積書を読むときに見るべきポイント

自分が入れて欲しいと伝えた要素が入っているのか、その金額がいくらになっているかを確認しましょう。
総額は気になるところではありますが、それ以上に大切なのは一行一行をきちんとチェックして明細を確認することです。
見積書が丁寧に書かれているかどうかでリフォーム会社の特長や誠実度を推し量る事が出来ます。
一般的な見積の見るべきポイントは以下のとおりです。

1作成日に間違いないか・印鑑は押印してあるかを確認する

作成日に間違いが無いか確認します。
併せて会社の印鑑が押されていることをきちんと確認しておきましょう。

2使用する設備などの商品名をチェックする

メーカ名や品番など、希望の商品に間違いが無いか確認しましょう。
設備などはメーカーのカタログなどに記載される希望小売価格と実際に引き渡される金額が取引条件などによって変わる場合もあります。
場合によっては希望したものと類似の商品でよりやすいものを仕入れてくれている場合もありますので、疑問に思った場合はどのような商品なのか確認しましょう。

3単価がきちんと記載されているか確認する

単価がきちんと書かれているか確認します。
単価が書かれていなかったり、書いてあっても他社と大きく金額が異なる場合は確認しましょう。

4数量の記載が明確になっているかを確認する

ここで言う数量とはどんな資材をどのくらい使うか、面積などがプランと異なっていないかなどです。
疑問点があれば積極的に質問をして納得いく説明が得られるかもそのリフォーム会社を採用するかの指標になります。

5見積合計金額を確認する

あまり無い事ではありますが、単純な計算ミスをしていないとも限りませんので、自らも計算しておきましょう。
何にいくらかかっているのかをよく見ておきましょう。

6工事の内訳の記載が「一式」ばかりなのは要注意

工事の内訳がなく「一式」とばかり記載されていてあいまいな場合は、明細を聞いてみて、どのように対応してくれるか確認してみましょう。
一式と記載されていることが一概に悪いとは言えませんが、明細を聞いても明確な答えのない会社は要注意です。

7見積に意図しない有効期限が設定されている場合は注意

業者の中にはキャンペーン中は値引きするなどの理由で見積書に有効期限を設定してくるところがあり、契約をせかしてくる場合があります。
リフォームは簡単に決定できない重大事項であるにもかかわらず、割引などをちらつかせて工事を迫るような業者は、相手の都合を考えない悪徳業者である可能性があるので注意しましょう。

リフォーム見積のとり方と読み方のまとめ

いかがでしたでしょうか。
見積書ができるまでに現場調査で行うべきことと、見積書の見方や注意点は以下のとおりです。

  • リフォームの要望事項は事前にメモなど用意しておく
  • 見積に自分の要望がきちんと反映されているか確認する
  • 見積の内容があいまいだと感じたら詳細をきちんと聞く

以上を抑えておけば見積をスムーズに行う事が出来ると思います。
なお、見積書をチェックするときは併せてリフォームプランの内容を設計図でも確認するようにするとよりスムーズにイメージがわくと思います。

後気をつけたいのが、見積もり結果を他社に見せたりするのはマナー違反ですので気をつけましょう。

以上、参考になれば幸いです。

関連記事

  1. リフォーム工事におけるトラブルや紛争のイメージ

    リフォーム会社とのトラブルや紛争にはどのようなものがあるの?

  2. リフォームにかかる費用のイメージ

    リフォームにかかる費用

  3. リフォームが必要になる理由とは?

    リフォームが必要になる理由は?

  4. リフォーム計画のイメージ

    リフォームの手順と建築基準法による制限・実現難易度について

  5. リフォーム業者選びのイメージ

    リフォームを依頼する会社選びのポイント

  6. リフォーム業者との折衝方法イメージ

    リフォーム会社との折衝方法を知ってトラブルを回避しよう

PAGE TOP